ColorConsole [Version 1.3.3000]
Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:\WINNT>HELP FINDSTR
ファイルから文字列を検索します。

FINDSTR [/B] [/E] [/L] [/R] [/S] [/I] [/X] [/V] [/N] [/M] [/O] [/P] [/F:ファイ
       ル] [/C:文字列] [/G:ファイル] [/D:ディレクトリ一覧] [/A:色属性]
       [/OFF[LINE]] 文字列 [[ドライブ:][パス]ファイル名[ ...]]
 
 /B           行の先頭にあるパターンを検索します。
 /E           行の末尾にあるパターンを検索します。
 /L           検索文字列をリテラルとして使用します。
 /R           検索文字列を正規表現として使用します。
 /S           現在のディレクトリとすラてのサブディレクトリから一致する
              ファイルを検索します。
 /I           検索するときに大文字と小文字を区別しません。
 /X           完全に一致する行を出力します。
 /V           一致しない行のみを出力します。
 /N           一致する各行の前に行番号を出力します。
 /M           ファイルに一致する行があるときに、ファイル名のみを出力します。
 /O           一致する各行の前に文字オフセットを出力します。
 /P           印刷不可能な文字を含むファイルをスキップします。
 /OFF[LINE]  オフライン属性が設定されたファイルをスキップしません。
 /A:属性      2 桁の 16 進数で色属性を指定します。"color /?" を参照してくだ
              さい。
 /F:ファイル  指定したファイルからファイル一覧を読み取ります (/ を指定する
              とコンソール)。
 /C:文字列    指定された文字列をリテラル検索文字列として使用します。
 /G:ファイル  指定された文字列から検索文字列を取得します (/ を指定する
              とコンソール)。
 /D:ディレクトリ  
              セミコロンで区切られた検索されるディレクトリ文字列テキストの
              一覧を検索します。
 [ドライブ:][パス]ファイル名
              検索するファイルを指定します。

複数の文字列を検索する場合には、引数 /C を使わず、各文字列をスペースで区切り
ます。
たとえば、FINDSTR "hello there" x.y と指定した場合は、ファイル x.y で "hello"
または "there" が検索されます。
これに対して、FINDSTR /C:"hello there" x.y と指定した場合はファイル x.y で
"hello there" が検索されます。

正規表現クイック リファレンス:
 .            ワイルドカード: 任意の文字
 *            繰り返し: ゼロ個以上の直前の文字またはクラス
 ^            行位置: 行頭
 $            行位置: 行末
 [class]      文字クラス: セットの任意の 1 文字
 [^class]     逆クラス: セット以外の任意の 1 文字
 [x-y]        範囲: 指定した範囲の任意の文字
 \x           エスケープ: メタ文字 x のリテラル使用
 \  xyz\>        単語位置: 単語の終わり

FINDSTR の詳細な正規表現に関しては、オンライン ヘルプのコマンド リファレンスを
参照してください。




EXAMPLE

findstr beispiel


findstr "windows" wini.ini

tree | findstr win




C:\WINNT>HELP FOR
指定されたコマンドをファイル セットの各ファイルに対して実行します。

FOR %変数 IN (セット) DO コマンド [コマンドパラメータ]

 %変数     単一文字の置き換え可能なパラメータを指定します。
 (セット)  ファイル セットを指定します。ワイルドカードを使用できます。
 コマンド  各ファイルごとに実行するコマンドを指定します。
 コマンドパラメータ
           指定されたコマンドのパラメータまたはスイッチを指定します。

バッチ プログラムで FOR コマンドを使用するときは、%変数の代わりに、
%%変数を使用してくださ「。変数名では大文字と小文字が区別されるため、
%i と %I は異なります。

コマンド拡張機能を有効にすると、次の FOR コマンドの追加形式
がサポートされるようになります:

FOR /D %変数 IN (セット) DO コマンド [コマンドパラメータ]

   セットがワイルドカードを含む場合は、ファイル名ではなくディレクトリ名
   の一致を指定します。

FOR /R [[ドライブ:]パス] %変数 IN (セット) DO コマンド [コマンドパラメータ]

   [ドライブ:]パスから始めて、ツリーの各ディレクトリで FOR 文を実行し
   ます。/R の後にディレクgリが指定されていない場合は、現在の
   ディレクトリが使用されます。セットが単一のピリオド (.) である場合は、
   ディレクトリ ツリーの列挙だけを行います。
   

FOR /L %変数 IN (開始,ステップ,終了) DO コマンド [コマンドパラメータ]

   セットは、ステップの量ごとに変化する開始から終了までの数列です。
   たとえば、(1,1,5) は 1 2 3 4 5、(5,-1,1) は (5 4 3 2 1) という数列に
   なります。

FOR /F ["オプション"] %変数 IN (ファイル セット) DO コマンド
      [コマンド パラメータ]
FOR /F ["オプション"] %変数 IN ("文字列") DO コマンド [コマンド パラメータ]
FOR /F ["オプション"] %変数 IN ('コマンド') DO コマンド [コマンド パラメータ]

   または usebackq オプションの場合:

FOR /F ["オプション"] %変数 IN (ファイル セット) DO コマンド
      [コマンド パラメータ]
FOR /F ["オプション"] %変数 IN ('文字列') DO コマンド [コマンド パラメータ]
FOR /F ["オプション"] %変数 IN (`コマンド`) DO コマンド [コマンド パラメータ]

   ファイル名セットは、1 つ以上のファイル名です。各ファイルが開かれ、読み
   取られ、処理されてから、ファイル名セットの次のファイルに進みます。処理
   には、ファイルの読み取り、個々のテキスト行への分割と、0 個以上のトークン
   への解析が含まれます。その後、変数値を見つかったトークン文字列に設定して、
   for ループの本体が呼び出されます。既定では、/F は、各ファイルの各行から、
   空白で区切られた最初のトークンを渡します。空白行はスキップされます。既定
   の解析動作を変更するには、オプションの "オプション" パラメータを指定しま
   す。これは、異なる解析オプションを指定する 1 つ以上のキーワードを含む、
   引用符で囲まれた文字列です。キーワードは、次のとおりです:

       eol=c           - 行末のコメント文字を指定します (1 文字)。
       skip=n          - ファイルの先頭でスキップする行数を指定します。
       delims=xxx      - 区切り文字のセットを指定します。これは、既定の
                         区切り文字であるスペースとタブを置き換えます。
       tokens=x,y,m-n  - 各繰り返しに対して、各行から for 本体に渡すトー
                         クンを指定します。これにより、追加の変数名が割り当
                         てられます。m-n の形式は範囲で、m 番目から n 番目の
                         トークンを指定します。tokens= 文字列の最後の文字が
                         アスタリスクである場合は、追加の変数が割り当てられ、
                         最後のトークンが解析された後、行に含まれている残り
                         のテキストを受け取ります。
       usebackq        - 次の新しい表示形式を指定します。逆引用符で囲まれた
                         文字列がコ}ンドとして実行され、一重引用符で囲まれた
                         文字列がリテラル文字列コマンドになりファイル名セット
                         のファイル名を二重引用符で囲めるようになります。

   例を参考にしてください:

FOR /F "eol=; tokens=2,3* delims=, " %i in (myfile.txt) do @echo %i %j %k


   この例は、myfile.txt の各行を解析します。セミコロンで始まる行を無視し、
   各行の 2 番目と 3 番目のトークンを for 本体に渡します。トークンは、カンマ
   またはスペースで区切られています。for 本フの文が %i で 2 番目のトークン
   を、%j で 3 番目のトークンを取得し、%k で 3 番目以降のすべてのトークンを
   取得していることに注意してください。スペースを含むファイル名に対しては、
   二重引用符でファイル名を引用する必要があります。この方法で二重引用符を使う
   ためには、usebackq オプションを使わなければなりません。使わなければ、二重
   引用符はリテラル文字列の定義として解釈され、解析されます。

   %i は for 文で明示的に宣言され、%j と %k は tokens= オプションで暗黙的に
   宣言されていますBtokens= 行を使って 26 個までのトークンを指定できますが、
   文字 'z' または 'Z' よりも高い変数を宣言することはできません。FOR 変数名は
   単一の文字で、大文字と小文字を区別し、グローバルなものであり、一度にアクティ
   ブにできるのは合計 52 個までです。

   また、カッコで囲んだファイル名セットを一重引用符で囲み、文字列にすることに
   より、即時の文字列に対する FOR /F 解析ロジックを使うこともできます。
   これは、ファイルからの単一入力行として処理されます。

   最後に、FOR /F コマンドを使って、コマンド出力を解析することができます。
   カッコの中のファイル名セットを逆引用符で囲みます。この文字列は、コマンド
   ラインとして子 CMD.EXE に渡されます。出力はメモリにキャプチャされ、ファイ
   ルのように解析されます。
   例:

     FOR /F "usebackq delims==" %i IN (`set`) DO @echo %i

   この例は、現在の環境の環境変数名を列挙します。

また、FOR 変数参照の置換も拡張されました。
次のオプション構文を使うことができます:

   %~I         - すべての引用句 (") を削除して、I を展開します。
   %~fI        - %I を完全修飾パス名に展開します。
   %~dI        - %I をドライブ文字だけに展開します。
   %~pI        - %I をパス名だけに展開します。
   %~nI        - %I をファイル名だけに展開します。
   %~xI        - %I をファイル拡張子だけに展開します。
   %~sI        - 展開されたパスは短い名前だけを含みます。
   %~aI        - %I をファイルの属性に展開します。
   %~tI        - %I ファイルの日付/時刻に展開します。
   %~zI        - %I ファイルのサイズに展開します。
   %~$PATH:I   - PATH ツ境変数に指定されているディレクトリを
                 検索し、最初に見つかった完全修飾名に %I を
                 展開します。
                 環境変数名が定義されていない場合、または検索
                 してもファイルが見つからなかった場合は、この
                 修飾子を指定すると空の文字列に展開されます。

修飾子を組み合わせて、複合結果を得ることもできます:

   %~dpI       - %I をドライブ文字とパスだけに展開します。
   %~nxI       - %I をファイル名と拡張子だけに展開します。
   %~fsI       - %I を完全なパスと短い名前だけに展開します。
   %~dp$PATH:I - PATH 環境変数に指定されているディレクトリを
                 検索して %I を探し、最初に見つかったファイル
                 のドライブ文字とパスだけに展開します。
   %~ftzaI     - %I を DIR コマンドの出力行のように展開します。

上の例の %I と PATH は、ほかの有効な値で置き換えることができます。
%~ 構文は、有効な FOR 変数名によって区切られます。%I のような大
文字の変数を使うと読み取りやすく、大文字と小文字を区別しない修飾子
とフ混乱を避けることができます。



C:\WINNT>HELP FORMAT
Windows XP で使うディスクをフォーマットします。

FORMAT ボリューム [/FS:ファイルシステム] [/V:ラベル] [/Q] [/A:サイズ] [/C][/X]
FORMAT ボリューム [/V:ラベル] [/Q] [/F:サイズ]
FORMAT ボリューム [/V:ラベル] [/Q] [/T:トラック数 /N:セクタ数]
FORMAT ボリューム [/V:ラベル] [/Q]
FORMAT ボリューム [/Q]

 ボリューム      ドライブ文字 (文字の後にはコロンを付ける)、マウント
                 ポイント、ボリューム名を指定します。
 /FS:ファイルシステム
                 ファイルシステムにはファイルシステムの種類を指定します
                 (FAT、FAT32、または NTFS)。
 /V:ラベル       ボリューム ラベルを指定します。
 /Q              クイック フォーマットを実行します。
 /C              NTFS のみ: 新しいボリューム上に作成されたファイルは、
                 既定では、圧縮されます。
 /X              必要であれば、最初にボリュームを強制的にマウントを解除
                 します。ボリュームへ開かれているすべてのハンドルは、無効
                 になります。
 /A:サイズ       既定のアロケーション ユjット サイズを無効にします。
                 一般的には、既定の設定を使用してください。
                 NTFS は、512、1024、2048、4096、8192、16K、32K、64K を
                 サポートします。
                 FAT は、512、1024、2048、4096、8192、16K、32K、64K を
                 サポートします
                 (セクタ サイズが  512 バイトよりも大きい場合は 128K、 256K)。
                 FAT32 は、512、1024、2048、4096、8192、16K、32K、64K を
                 サポートします
                 (セクタ サイズが  512 バイトよりも大きい場合は 128K、 256K)。
                     
                 FAT と FAT32 ファイル システムは、下記のボリュームの
                 クラスタ数の制限に従います:
                       
                 FAT: クラスタ数 <= 65526
                 FAT32: 65526 < クラスタ数 < 4177918
                 
                 指定されたクラスタ サイズを使用して、上記の要件に一致しない
                 と判断した場合、フォーマットの処理を直ちに停止します。
                 
                 NTFS 圧縮は、4096 より大きいアロケーション ユニット サイズ
                 に対してはサポートされません。
 /F:サイズ       フォーマットするフロッピー ディスクのサイズを指定します (1.44)
 /T:トラック数   ディスクの片面あたりのトラック数を指定します。
 /N:セクタ数     トラックあたりのセクタ数を指定します。




GOTO : HELP FTYPE



 


... Home  
... Impressum
... ColorConsole

... CMD
... Netsh-XP
... Netsh-7
... Netsh-Vista
... Powershell





;-)









Download the Windows 7 Starter, Home (Basic Premium), Professional und Ultimate!

... facebook.de
0.061
Wo kann ich die Windows 7 Sprachdateien downloaden (x64, x32, x86)?  / Help Windows 10 does not have any libraries, what am I doing wrong?  / Server 2008 Service Pack 2, wo finde ich den Windows Download?  / For Crashes in Windows 10, using System File Checker!  / How to open Control Panel in Windows-7 start  (find, run, start)?  / Wo ist der Autostart-Ordner in Windows 8.1, bzw. 8?  / Help! Default bold font is killing my eyes!  / Schatten und gestreifte Linien bei der neuen Grafikkarte (defekt, Fehler)!  / Disable the Windows Store in Windows 8.1 / 10, how to?  / Auto login without password on Windows 7 (How to)?  / How to see installed Windows updates in Windows 7?  / Windows Web Server 2008 direkte Download Links (kostenlose Testversionen)!  /