PUSHD: 現在のディレクトリを保存して、変 ...


 


... コマンドの例 "PUSHD"
... "PUSHD" Microsoft Windows ヘルプからの抜粋
... 重要な情報、"PUSHD" コマンドのヒント

コマンド: "PUSHD" がオンです Windows 11, 10, .. , MS Server 2025, 2022, 2019, .. 利用可能

コマンドの例 "PUSHD"

`PUSHD`Windows コマンド プロンプトのコマンドは、現在のディレクトリを変更し、後で復元できるようにスタック上に置くために使用されます。以下に使用例をいくつか示します。`PUSHD`-指示: 例 1: 現在のディレクトリを切り替えて保存する:

PUSHD C:\例

説明:このコマンドは、C:\Example ディレクトリに切り替え、現在のディレクトリをスタックにプッシュします。 例 2: の使用`CD`そして`PUSHD`組み合わせて:

CD D:\書類
PUSHD E:\プロジェクト

説明:ここでは、まず「D:\Documents」ディレクトリに切り替えてから、「E:\Projects」ディレクトリに切り替えます。両方のディレクトリはスタックに置かれます。 例 3: バッチ ファイルで使用する:

@ECHO OFF
REM ディレクトリに切り替えて現在のディレクトリを出力します
PUSHD C:\ユーザー
ECHO カレントディレクトリ: %CD%
REM 元のディレクトリに戻します
POPD
ECHO ディレクトリに戻ります: %CD%

説明:このバッチ スクリプトは、C:\Users ディレクトリに移動し、現在のディレクトリを出力し、元のディレクトリに戻って再度出力します。 例 4: ループ内での使用:

FOR /D %%G IN (C:\フォルダ\*) DO (
  PUSHD "%%G"
  ECHO カレントディレクトリ: %CD%
  REM ここで現在のディレクトリ内のアクションを実行します
  POPD
)

説明:これは、「C:\Folder\」のすべてのサブディレクトリをループし、現在のディレクトリを表示し、ディレクトリ内でアクションを実行します。 注意:以下の点に注意してください。`POPD`は、前のディレクトリに戻ってスタックからポップするために使用されます。`PUSHD`そして`POPD`連携してディレクトリ間の切り替えを容易にします。スタックは LIFO (Last-In-First-Out) であり、最後に追加されたディレクトリが最初に復元されることを意味します。

"PUSHD" Microsoft Windows ヘルプからの抜粋

Microsoft Windows [Version 10.0.19045.3693]
(c) Copyright 1985-2023 Microsoft Corp.

C:\\WINNT>

POPD コマンドで使用するために現在のディレクトリを保存し、
指定したディレクトリに変更します。

PUSHD [パス | ..]

  パス        現在のディレクトリとして設定するディレクトリを指定します。

コマンド拡張機能を有効にすると、PUSHD コマンドは、通常のドライブ文字
とパスだけでなくネットワーク パスも受け付けるようになります。
ネットワーク パスを指定した場合は、PUSHD は指定されたネットワーク
リソースを指し示す一時的なドライブ文字を作成し、新しく定義されたドライブ
文字を使って現在のドライブとディレクトリを変更します。一時的なドライ
ブ文字は、Z: から前へ順に、最初に見つかった未使用のドライブ文字が
割り当てられます。

重要な情報、"PUSHD" コマンドのヒント

を使用するときは、`PUSHD`Windows コマンド プロンプトでコマンドを使用する場合、注意すべき重要な点がいくつかあります。 1. 可用性: `PUSHD`このコマンドは、Windows コマンド プロンプトでデフォルトで使用できます。ただし、特定のシステムまたは環境では、セキュリティ上の理由からコマンドが無効になっている可能性があります。 2. ディレクトリスタック: `PUSHD`現在のディレクトリをスタックに置き、後で返せるように保存します。このスタックはプロンプト セッションの間のみ存在することに注意してください。 3. 相対パスと絶対パス:`PUSHD`相対パスまたは絶対パスを使用します。相対パスを使用すると、ディレクトリは現在のディレクトリを基準にして解釈されます。 4. 既存のディレクトリ:移動先のディレクトリが実際に存在することを確認してください。それ以外の場合、コマンドはエラーになります。 5. ネストされた使用:`PUSHD`複数のディレクトリをスタックに配置するには、連続して複数回使用します。実行する順番に注意してください`POPD`ディレクトリを復元するために使用されます。 6. 権限:移動先のディレクトリにアクセスするために必要な権限があることを確認してください。特にバッチ スクリプトで使用する場合は、スクリプトを開始したユーザーの権限でスクリプトが実行されることに注意してください。 これらの点のいくつかを考慮した例を次に示します。

@ECHO OFF

REM ディレクトリに切り替えて現在のディレクトリを出力します
PUSHD C:\例
ECHO カレントディレクトリ: %CD%

REM ここで現在のディレクトリ内のアクションを実行します

REM 元のディレクトリに戻します
POPD
ECHO ディレクトリに戻ります: %CD%

この例では、C:\Example ディレクトリに切り替え、アクションを実行してから、元のディレクトリに戻ります。ご了承ください`%CD%`現在のパスを表します。


Deutsch
English
Español
Français
Italiano
日本語 (Nihongo)
한국어 (Hangugeo)
汉语 (Hànyǔ)
Türkçe
Português
Português
Svenska
Norsk
Dansk
Suomi
Nederlands
Polski









Windows-10


... Windows 10 FAQ
... Windows 10 How To


Windows 10 How To


... Windows 11 How To
... Windows 10 FAQ



コマンド PUSHD - 現在のディレクトリを保存して、変更します。

HTTP: ... console/ja/050.htm
0.124
20798
The Windows Experience Index is in the wrong language? Auto create system restore points in Windows 8.1 / 10, how to enable/disable and/or adjust? On Windows 8.1 and 10, can I turn off the Internet? Windows 8 on screen keypad at startup, start page, log in excluding keyboard? The Stop Watch stops the countdown at mouse click! I don't always have the same CPU frequency, why? Can I show Control Panel, My Computer, Network on Windows 8, 8.1 Desktop and Win 10? Can't login to Minecraft Account on Mojang! Run in windows 8.1 / 10 (find, dialog, box, start, open)? Websites SSL, HTTPS, TLS-Zertifikate kostenlos erstellen?



(0)