ColorConsole [Version 1.3.3000]
Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:\WINNT>HELP POPD
PUSHD コマンドで記憶されたディレクトリに変更します。

POPD


コマンド拡張機能を有効にすると、POPD コマンドは、プッシュされている
ディレクトリ スタックからドライブを POPD するときに、PUSHD が作成した
一時的なドライブ文字を削除します。



C:\WINNT>HELP PRINT
テキスト ファイルを印刷します。

PRINT [/D:デバイス] [[ドライブ:][パス]ファイル名[...]]

  /D:デバイス   印刷デバイスを指定します。




C:\WINNT>HELP PROMPT
cmd.exe のコマンド プロンプトを変更します。

PROMPT [文字列]

 文字列    新しいコマンド プロンプトを指定します。

PROMPT には通常の文字と次に示す特殊コードを使用できます:

 $A   & (アンパサンド)
 $B   | (パイプ)
 $C   ( (左かっこ)
 $D   現在の日付
 $E   エスケープ コード (ASCII コードの 27)
 $F   ) (右かっこ)
 $G   > (不等号 (より大))
 $H   バックスペース (直前の文字を削除します)
 $L   < (不等号 (より小))
 $N   現在のドライブ
 $P   現在のドライブとパス
 $Q   = (等号)
 $S     (空白)
 $T   現在の時刻
 $V   Windows XP のバージョン番号
 $_   キャリッジ リターンとラインフィード
 $$   $ (ドル記号)

コマンド拡張機能を有効にすると、PROMPT コマンドは、次の追加の書式
文字をサポートするようになります:

 $+   PUSHD ディレクトリ スタックの深さに応じて、0 個以上のプラス
      記号 (+) を指定します。1 個のプラス記号が、プッシュされた
      1 レベルを表します。

 $M   現在のドライブ文字に関連付けられているリモート名を表示します。
      現在のドライブがネットワーク ド宴Cブでない場合は、空の文字列
      を表示します。




GOTO : HELP PUSHD









... Windows-10




Windows 10 How To

... Windows 10 FAQ
... Windows 10 How To




コマンド POPD - 現在のディレクトリを PUSHD で保存したディレクトリに戻します。

HTTP: ... console/ja/047.htm
0.14
23763

To short Image Tool-Tips on Removable Driver in Q-Dir and MS-Explorer!

 /

How can I resize text, icons, and apps in Windows 10/11?

 /

Kann ich meine Festplatten weiterhin auf MS Windows 11 OS testen!

 /

Write short invitations and reports on Windows 10/11!

 /

Terms of use I can't find facebook.com, is there such a thing as facebok.com terms and conditions!

 /

Schlafmodus Blockierung mit Windows Starten lassen!

 /

Set maximum password age / expiration date via Windows PowerShell!

 /

Is Windows 10 or 11 better and faster than Windows 7?

 /

Can I also do something else, not only Search queries for internet?

 /

Search for the best Image Comparison tools for Windows 10 / 11! 

 /

Show full path in the Explorer tabs Quick Info!

 /

Fehlerbehebung für die Programmkompatibilität unter Windows 11 verwenden! 

 /