ColorConsole [Version 1.3.3000]
Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:\WINNT>NET HELP VIEW
このコマンドの構文は次のとおりです:


NET VIEW
[\\コンピュータ名 [/CACHE] | /DOMAIN[:ドメイン名]]
NET VIEW /NETWORK:NW [\\コンピュータ名]

NET VIEW は、コンピュータ上で共有されている資源の一覧を表示します。
パラメータなしで使うと、現在のドメインまたはネットワーク内の
コンピュータの一覧を表示します。

\\コンピュータ名
  共有資源を表示させるコンピュータを指定します。
/DOMAIN:ドメイン名
  コンピュータを表示させるドメインを指定します。ドメイン名を省略すると、
  ローカル エリア ネットワークのすべてのドメインを表示します。
/NETWORK:NW
  NetWare ネットワーク上で利用可能なサーバーをすべて表示します。
  コンピュータ名を指定すると、NetWare ネットワークの指定したコンピュータ
  上で利用可能な資源を表示します。
/CACHE                    
  指定したコンピュータ上のリソースのオフライン クライアント キャッシュ
  設定を表示します。



C:\WINNT>NET HELP SYNTAX
このコマンドの構文は次のとおりです:


SYNTAX
コマンドの構文の表記には、次の規則が使われています。

o  大文字は、示されたとおりに入力しなければならない単語を表します。
  小文字は、ファイル名などのように、可変項目の名前を表します。

o  [ ] は、コマンドに対して指定しても、しなくてもよい項目を囲みます。

o  { } は、コマンドに対してどれか 1 つを指定しなければならない項目を
  囲みます。

o  | は、コマンドに対してどれか 1 つを指定しなければならない項目を
  区切ります。

  たとえば、次の構文では、NET COMMAND および SWITCH1 か SWITCH2 の
  どちらかを入力しなければなりません。名前は、指定しても、しなくても
  かまいません。
      NET COMMAND [名前] {SWITCH1 | SWITCH2}

o  [...] は、直前の項目の繰り返しを意味します。繰り返す項目は、
  スペースで区切ります。

o  [,...] は、直前の項目の繰り返しを意味します。ただし、繰り返す
  項目は、スペースではなく、カンマまたはセミコロンで区切らなければ
  なりません。

o  2 単語以上から構成されるサービス名は、コマンド プロンプトから
  入力する際に二重引用符 (") で囲まなければなりません。たとえば、
  NET START "COMPUTER BROWSER" と入力すると、Computer Browser
  サービスが開始されます。





C:\WINNT>NETSTAT /?

Displays protocol statistics and current TCP/IP network connections.

NETSTAT [-a] [-e] [-n] [-o] [-s] [-p proto] [-r] [interval]

 -a            Displays all connections and listening ports.
 -e            Displays Ethernet statistics. This may be combined with the -s
               option.
 -n            Displays addresses and port numbers in numerical form.
 -o            Displays the owning process ID associated with each connection.
 -p proto      Shows connections for the protocol specified by proto; proto
               may be any of: TCP, UDP, TCPv6, or UDPv6.  If used with the -s
               option to display per-protocol statistics, proto may be any of:
               IP, IPv6, ICMP, ICMPv6, TCP, TCPv6, UDP, or UDPv6.
 -r            Displays the routing table.
 -s            Displays per-protocol statistics.  By default, statistics are
               shown for IP, IPv6, ICMP, ICMPv6, TCP, TCPv6, UDP, and UDPv6;
               the -p option may be used to specify a subset of the default.
 interval      Redisplays selected statistics, pausing interval seconds
               between each display.  Press CTRL+C to stop redisplaying
               statistics.  If omitted, netstat will print the current
               configuration information once.





GOTO : NLSFUNC /?






Windows-10


Become a Sponsor
... Your button here?






Windows-10





Windows-10
HTTP: ... console/ja/126.htm
0.108

How to format new hard drive, create new partition/volume in Windows 8.1/10?

 /

Color filter for files and folders in Explorer views eg MP3, but how?

 /

How to change the Windows-8 and 8.1 activation key to activate Win-8?

 /

Where are the Auto Update settings in Windows 10 (enable / disable)?

 /

Auslesen fast aller Texte, zB aus Edit-, List-, Tree-View, Groupbox, ...!

 /

Save and restore the positions of the Windows Desktop Icons + nice extra Tools. 

 /

Print - drives, directories, files in the console!

 /

Save multiple profiles and INI files to save the magnifier settings!

 /