ColorConsole [Version 1.3.3000]
Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:\WINNT>NET HELP STOP
このコマンドの構文は次のとおりです:


NET STOP
サービス

NET STOP は、Windows のサービスを停止します。

サービスを停止すると、そのサービスが使っているすべてのネットワーク接続が
取り消されます。また、サービスの中にはほかのサービスに従属しているものが
あるため、あるサービスを停止すると、ほかのサービスも停止することがあり
ます。

停止できないサービスもあります。

サービス
  次のサービスの 1 つである場合があります。
  ALERTER                      
  BROWSER        
  CLIENT SERVICE FOR NETWARE    
  CLIPBOOK              
  DHCP CLIENT        
  FILE REPLICATION
  MESSENGER                    
  NET LOGON                    
  NT LM SECURITY SUPPORT PROVIDER
  REMOTE ACCESS CONNECTION MANAGER
  ROUTING AND REMOTE ACCESS
  RPCLOCATOR
  SCHEDULE
  SERVER
  SPOOLER
  TCP/IP NETBIOS HELPER SERVICE
  UPS
  WORKSTATION

NET STOP は、Windows によって提供されていないサービスも停止できます。

NET HELP コマンド | MORE で、ヘルプを 1 画面ずつ表示します。



C:\WINNT>NET HELP TIME
このコマンドの構文は次のとおりです:


NET TIME
[\\コンピュータ名 | /DOMAIN[:ドメイン名] | /RTSDOMAIN[:ドメイン名]] [/SET]
        [\\コンピュータ名] /QUERYSNTP
        [\\コンピュータ名] /SETSNTP[:NTP サーバーの一覧]

NET TIME は、コンピュータの時計を別のコンピュータまたはドメインの時計に
同期させます。または、コンピュータまたはドメインの時刻を表示します。
Windows Server のドメイン上でパラメータなしで使うと、そのドメインの
タイム サーバーとして指定されているコンピュータの現在の日付と時刻を
表示します。
このコマンドによって コンピュータのための NTP タイム サーバーの設定が許可されます。

\\コンピュータ名
  同期させる、または時刻を確認するコンピュータの名前を指定します。

/DOMAIN[:ドメイン名]  
  ドメイン名のプライマリ ドメイン コントローラの時刻と同期するように指定します。

/RTSDOMAIN[:ドメイン名]  
  ドメイン名から信頼できるタイム サーバーと同期するように指定します。
/SET
  コンピュータの時刻を、指定したコンピュータまたはドメインの時刻に同期
  させます。
/QUERYSNTP      
  このコンピュータのために構成された NTP サーバーを表示します。
/SETSNTP[:NTP サーバーの一覧]
  このコンピュータによって使われる NTP タイム サーバーを設定します。
  これは、スペースで区切られた IP アドレスまたは DNS 名の一覧です。
  複数のタイム サーバーが一覧にある場合は、一覧を引用符で囲んでください。

NET HELP コマンド | MORE で、ヘルプを 1 画面ずつ表示します。



C:\WINNT>NET HELP USE
このコマンドの構文は次のとおりです:


NET USE
[デバイス名 | *] [\\コンピュータ名\共有名[\ボリューム]
       [パスワード | *]] [/USER:[ドメイン名\]ユーザー名]
       [/USER:[ドット形式のドメイン名\]ユーザー名]
       [/USER:[ユーザー名@ドット形式のドメイン名]
       [/SMARTCARD]  
       [/SAVECRED]
       [[/DELETE] | [/PERSISTENT:{YES | NO}]]

NET USE [デバイス名 | *] [パスワード | *]][/HOME]

NET USE [/PERSISTENT:{YES | NO}]


NET USE は、コンピュータを共有資源に接続、またはコンピュータを共有資源
から切断します。パラメータなしで使うと、コンピュータの接続を一覧表示
します。

デバイス名
  資源に接続するために割り当てる名前、または切断するデバイスを指定します。
  デバイス名には、ディスク ドライブ (D: ~ Z:) とプリンタ (LPT1: ~
  LPT3:) の 2 種類があります。次に利用可能なデバイス名を割り当てるには、
  特定のデバイス名の代わりにアスタリスク (*) を入力します。
\\コンピュータ名
  共有資源を制御するコンピュータの名前を指定します。コンピュータ名が空白
  文字を含む場合は、2 つの円記号 (\\) とコンピュータ名を二重引用符 (")
  で囲みます。コンピュータ名は、半角で 1 ~ 15 文字です。
\共有名
  共有資源のネットワーク名を指定します。
\ボリューム
  サーバー上の NetWare ボリュームを指定します。NetWare サーバーに接続
  するには、Client Service for NetWare (Windows Workstation 上で)
  または Gateway Service for NetWare (Windows Server 上で) が
  インストールされていて、実行中でなければなりません。
パスワード
  共有資源にアクセスするために必要なパスワードを指定します。
*
  パスワードの入力を求めるプ鴻塔vトを表示します。パスワードは、
  プロンプトに対する入力時には表示されません。
/USER
  接続時に使われる別のユーザー名を指定します。
ドメイン名
  別のドメインを指定します。ドメイン名を省略すると、現在ログオンしている
  ドメインが使われます。
ユーザー名
  ログオン時に使われるユーザー名を指定します。
/SMARTCARD
  その接続にスマート カードで資格情報を使用することを指定します。
/SAVECRED        
  ユーザー名とパスワードを保存することを指定します。
  このスイッチは、コマンドでユーザー名とパスワードが要求されなければ
  無視されます。このオプションは Windows XP Home Edition では有効では
  ありません。無視されます。
/HOME
  ユーザーをそのホーム ディレクトリに接続します。
/DELETE
  ネットワーク接続を取り消し、その接続を次回ログオン時に再接続しない
  ようにします。
/PERSISTENT
  次回ログオン時のネットワーク再接続を制御します。
  既定では、前回指定した設定が使われます。
YES
  現在の接続を保存し、次回ログオン時に復元します。
NO
  現在またはそれ以後の接続を保存しません。既存の接続は、次回ログオン時
  に復元されます。次回ログオン時の再接続をやめるには、/DELETE を使い
  ます。

NET HELP コマンド | MORE で、ヘルプを 1 画面ずつ表示します。









... Home  
... Impressum
... ColorConsole

... CMD
... Netsh-XP
... Netsh-7
... Netsh-Vista
... Powershell










Download the Windows 10 Starter, Home (Basic Premium), Professional und Ultimate!

... facebook.de
HTTP: ... console/ja/122.htm
0.046

Help Windows 10 does not have any libraries, what am I doing wrong?

 /

Server 2008 Service Pack 2, wo finde ich den Windows Download?

 /

For Crashes in Windows 10, using System File Checker!

 /

How to open Control Panel in Windows-7 start  (find, run, start)?

 /