logman: は、イベント トレース セッションӗ ...


... コマンドの例 "logman"
... "logman" Microsoft Windows ヘルプからの抜粋
... 重要な情報、"logman" コマンドのヒント

コマンド: "logman" がオンです Windows 11, 10, .. 利用可能

コマンドの例 "logman"

`logman`このコマンドは、Windows でパフォーマンス監視ログとイベント追跡ログを作成および管理するために使用されます。このコマンドの使用例をいくつか示します。 例 1: 新しいパフォーマンス監視ログを作成します:

logman create counter -n "私のパフォーマンスログ" -f bin -si 10 -v mmddhhmm -o "C:\パフォーマンスログ\私のログ.blg" -cf "C:\パフォーマンスログ\構成.xml"

このコマンドは、MyPerformanceLog という名前の新しいパフォーマンス監視ログを作成します。データはバイナリ形式です (`-f bin`) 10 秒間隔 (`-si 10`)を記録しました。ログは C:\Performance Logs ディレクトリに MyLog.blg として保存され、構成は XML ファイル Config.xml からロードされます。 例 2: イベント追跡ログでのデータ収集を開始します:

logman start "my_eventlog" -p "{0C0CCAAA-離れて5D-4A4F-9F72-0E77D58447F3}" 0x5 0x6 -ets

これにより、MyEventLog という名前の既存のイベント追跡ログへのデータ収集が開始されます。パラメータ`-p`プロバイダー ID の GUID を指定し、`0x5`そして`0x6`はイベント レベルの例です。デスク`-ets`データ収集が開始されます。 例 3: ログ データ収集の停止:

logman stop "my_eventlog" -ets

このコマンドは、MyEventLog という名前のイベント追跡ログへのデータの収集を停止します。 例 4: ログ ファイルの表示:

logman query

このコマンドは、現在のパフォーマンス監視およびイベント追跡ログをすべてリストします。 例 5: パフォーマンス監視ログをクリアする:

logman delete "私のパフォーマンスログ"

ここでは、「MyPerformance Log」という名前のパフォーマンス監視ログが削除されます。 注:の使用`logman`多くの場合、管理者権限が必要です。必要に応じて、コマンド プロンプトを管理者として実行していること、および適切なアクセス権があることを確認してください。また、これらは単なる基本的な例であり、`logman`-高度な構成についてはドキュメントを参照してください。

"logman" Microsoft Windows ヘルプからの抜粋

Microsoft Windows [Version 10.0.19045.3693]
(c) Copyright 1985-2023 Microsoft Corp.

C:\\WINNT>


Microsoft (R) Logman.exe (5.1.2600.0)
(C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

Logman は、イベント トレース セッションとパフォーマンス ログの作成および管理す
るための "パフォーマンス ログと警告" サービスを管理します。 

使い方:
logman 動詞 <コレクション名> 
                                [オプション]

動詞:
  create <counter|trace>        新しいコレクションを作成します。 
  start                         既存のコレクションを開始して、開始時刻を手動に
                                設定します。 
  stop                          既存のコレクションを停止して、終了時刻を手動に
                                設定します。 
  delete                        既存のコレクションを削除します。 
  query [コレクション名 |providers]  コレクション プロパティをクエリします。コ
                                レクション名が指定されていない場合は、すべての
                                コレクションの一覧が表示されます。キーワード 
                                'providers' を指定すると、登録されたイベント ト
                                レース プロバイダのすべてを一覧表示します。 
  update                        既存のコレクションのプロパティを更新します。 

パラメータ:
  <コレクション名>              コレクションの名前です。 

オプション:
  -?                            状況に応じたヘルプを表示します。 
  -s <コンピュータ>             指定されたリモート システム上でコマンドを実行し
                                ます。 
  -config <ファイル名>          コマンド オプションが記述されている設定ファイル
                                です。 
  -b <yyyy/MM/dd H:mm:ss[午前|午後]>   指定した時刻にコレクションを開始します。
  -e <yyyy/MM/dd H:mm:ss[午前|午後]>   指定した時刻にコレクションを終了します。
  -m <[start] [stop]>           スケジュールされた開始または停止時刻ではなく、
                                手動の開始または停止に変更します。 
  -[-]r                         指定した開始時刻と終了時刻でコレクションを毎日
                                繰り返します。 
  -o <パス|dsn!ログ>            出力ログ ファイルのパスまたは SQL データベース
                                の DSN とログ セット名です。 
  -f <bin|bincirc|csv|tsv|sql>  コレクションのログ形式を指定します。 
  -[-]a                         既存のログ ファイルに追加します。 
  -[-]v [nnnnnn|mmddhhmm]       ログ名の後に、ファイルのバージョン情報を添付し
                                ます。 
  -[-]rc <ファイル名>           ログが閉じられるごとに指定されたコマンドを実行
                                します。 
  -[-]max <>                  最大ログ ファイル サイズ (MB) または SQL ログの
                                最大レコード数。 
  -[-]cnf [[[hh:]mm:]ss]        指定した時間が経過したとき、または最大サイズに
                                達したときに新しいファイルを作成します。 
  -c <パス [パス ...]>          収集するパフォーマンス カウンタです。 
  -cf <ファイル名>              収集するパフォーマンス カウンタを一覧表示したフ
                                ァイルです。1 行に 1 カウンタです。 
  -si <[[hh:]mm:]ss>            パフォーマンス カウンタ収集のサンプル間隔です。
  -ln <ロガー名>                イベント トレース セッションのロガー名です。 
  -[-]rt                        リアルタイム モードでトレース セッションを実行
                                します。 
  -p <プロバイダ [フラグ [レベル]]>   有効にされる単一イベント トレース プロバ
                                イダです。 
  -pf <ファイル名>              有効にする複数のイベント トレース プロバイダの
                                一覧を出力するファイルです。 
  -[-]ul                        ユーザー モードでイベント トレース セッションを
                                実行します。 
  -bs <>                      イベント トレース セッション バッファ サイズ (
                                KB)。 
  -ft <[[hh:]mm:]ss>            イベント トレース セッション フラッシュ タイマ
                                です。 
  -nb <最小 最大>               イベント トレース セッション バッファ数です。 
  -fd                           既存のイベント トレース セッションのすべてのア
                                クティブなバッファをディスク にフラッシュ
                                します。 
  -[-]u [ユーザー [パスワード]] 実行するユーザー名です。パスワードに * を入力す
                                るとパスワードを要求します。パスワードのプロン
                                プトでパスワードを入力するときに、入力している
                                パスワードは、表示されません。 
  -rf <[[hh:]mm:]ss>            指定した時間にコレクションを実行します。 
  -y                            すべての質問に対して確認を求めずに、"はい" で応
                                答します。 
  -ets                          コマンドを保存またはスケジュールしないで、直接
                                イベント トレース セッションに送信します。 
  -mode <トレース モード [トレース モード ...]>   イベント トレース セッション
                                 ロガー モードです。 

注意: 
  余分な [-] は、オプションを無効にします。
  たとえば --r は、 -r オプションをオフにします。

例:
  logman create counter perf_log -c "\Processor(_Total)\% Processor Time"
  logman create trace trace_log -nb 16 256 -bs 64 -o c:\logfile 
  logman start perf_log 
  logman update perf_log -si 10 -f csv -v mmddhhmm
  logman update trace_log -p "Windows Kernel Trace" (disk,net) 

重要な情報、"logman" コマンドのヒント

で作業するときは、`logman`コマンドには、注意すべき重要な考慮事項がいくつかあります。 1. 管理者権限: パフォーマンス監視およびイベント追跡機能に完全にアクセスするには、必ず管理者としてコマンド プロンプトを実行してください。

右クリック -> "として Administrator 実行する"

2. 適切な構成: パラメーターとオプションを注意深く検討して、パフォーマンスの監視またはイベント追跡がニーズに従って構成されていることを確認します。構成が正しくないと、予期しない動作が発生する可能性があります。 3. パフォーマンス監視サービス: 必要なパフォーマンス モニターおよびイベント トラッキング サービスが有効であり、開始されていることを確認してください。 4. リソース消費量を監視する: 特に非常に高い頻度または詳細なデータ収集を選択した場合は、データ収集によって大量のリソースが消費されないように注意してください。 5. 監視ログ ファイル サイズ: ログ ファイルのサイズに注意してください。特にバイナリ形式の場合 (`-f bin`) 保存。大きなログ ファイルはディスク領域を占有し、パフォーマンスに影響を与える可能性があります。 6. 制限時間: データ収集を開始するときは、データ収集がアクティブなままになる時間を記録してください。一部のコレクションは必要以上に長く実行される可能性があり、その結果、望ましくないリソースが消費される可能性があります。 7. データ収集を停止します: リソースを解放し、ログ ファイルの作成を停止するために、必要に応じてデータ収集を停止することを忘れないでください。 8. ドキュメント: 構成を容易に理解できるように、構成されたパフォーマンス監視およびイベント追跡設定の文書を維持します。 これらの考慮事項は、スムーズかつ効果的な展開を確保するのに役立ちます。`logman`確保する。特定のニーズやシナリオがある場合は、より詳細な分析が必要になる場合があります。


Deutsch
English
Español
Français
Italiano
日本語 (Nihongo)
한국어 (Hangugeo)
汉语 (Hànyǔ)
Türkçe
Português
Português
Svenska
Norsk
Dansk
Suomi
Nederlands
Polski









Windows-10


... Windows 10 FAQ
... Windows 10 How To


Windows 10 How To


... Windows 11 How To
... Windows 10 FAQ



コマンド logman - は、イベント トレース セッションとパフォーマンス ログの作成および管理す るための "パフォーマンス ログと警告" サービスを管理します。

HTTP: ... console/ja/093.htm
0.187
37781

Windows 8, 10 Sound Fenster als Verknüpfung auf dem Desktop wie in Win8?

Computer Management in Windows 8.1 and 10 (Find, Open and Run)?

How to open the installed applications (APPs) on my Samsung Galaxy?

Windows 8.1 and 10: Show installed updates or uninstall?

V-Server vs Dedicated!

Deaktivieren des Windows Store in Windows 8.1/10, kann man das?



(0)