lodctr: 拡張可能カウンタのパフォーマンス ...


... コマンドの例 "lodctr"
... "lodctr" Microsoft Windows ヘルプからの抜粋
... 重要な情報、"lodctr" コマンドのヒント

コマンド: "lodctr" がオンです Windows 11, 10, .. 利用可能

コマンドの例 "lodctr"

`lodctr`Windows のコマンドは、パフォーマンス カウンターと Windows パフォーマンス レジストリからカウンターをロードするために使用されます。このコマンドの使用例をいくつか示します。 例 1: すべてのパフォーマンス カウンターとカウンターをリセットします:

lodctr /r

このコマンドは、すべてのパフォーマンス カウンターとカウンターをデフォルト設定にリセットします。これは、パフォーマンス監視カウンターに問題がある場合に役立ちます。 例 2: デフォルトのパフォーマンス カウンターとカウンターのみをロードします:

lodctr /s:*

ここには標準のパフォーマンス カウンターとカウンターのみがロードされます。これは、特定のインジケーターが以前に無効になっていた場合に役立ちます。 例 3: パフォーマンス カウンターとカウンターをファイルからロードします:

lodctr /m:ファイル名.ini

このコマンドは、パフォーマンス カウンターとカウンターを特定の INI ファイルから読み込みます。「Filename.ini」を INI ファイルの実際の名前に置き換える必要があります。 例 4: 特定のパフォーマンス カウンターとカウンターのみを更新します:

lodctr /u:公演名

このコマンドは、特定のパフォーマンス カウンターのみを更新するために使用されます。「パフォーマンス名」をインジケーターの実際の名前に置き換えます。 注:の使用`lodctr`多くの場合、管理者権限が必要です。必要に応じて、コマンド プロンプトを管理者として実行していること、および適切なアクセス権があることを確認してください。不適切な使用に注意することも重要です。`lodctr`パフォーマンス監視で問題が発生する可能性があるため、このコマンドは注意して使用する必要があります。

"lodctr" Microsoft Windows ヘルプからの抜粋

Microsoft Windows [Version 10.0.19045.3693]
(c) Copyright 1985-2023 Microsoft Corp.

C:\\WINNT>



LODCTR
    拡張可能カウンタのパフォーマンス モニタ カウンタ名と説明を更新します。

使用法:
    LODCTR [\\コンピュータ名] ファイル名
        コンピュータ名には、リモート コンピュータ名を指定します。
            コンピュータ名を指定しない場合は、ローカル コンピュータ名が使用されます。
        ファイル名には、拡張可能カウンタ DLL の
            カウンタ名の定義と説明を含む
            初期化ファイル名を指定します。

    LODCTR /S:<ファイル名>
       現在のパフォーマンス レジストリ文字列とパフォーマンス レジストリ
       情報を <ファイル名> に保存します

    LODCTR /R:<ファイル名>
        <ファイル名> を使ってパフォーマンス レジストリ文字列とパフォー
        マンス レジストリ情報を復元します

注意: 名前に空白がある引数は、二重引用符で囲む必要があります。

重要な情報、"lodctr" コマンドのヒント

はい、使用する際には留意すべき重要な考慮事項がいくつかあります。`lodctr`Windows コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。 1. 管理者権限: コマンド プロンプトを管理者として実行して、パフォーマンス カウンターとカウンターに完全なアクセス権を持っていることを確認してください。

右クリック -> "として Administrator 実行する"

2. すべてのパフォーマンス カウンタおよびカウンタをリセットするときの注意: すべてのパフォーマンス カウンタおよびカウンタをリセットするには、`lodctr /r`すべてをデフォルト設定にリセットします。これにより、カスタム設定や構成が失われる可能性があるので注意してください。

lodctr /r

3. INI ファイルの 検証:`lodctr`INI ファイルを使用する場合は、ファイルが正しくフォーマットされており、必要な情報が含まれていることを確認してください。INI ファイル内のエラーは問題を引き起こす可能性があります。

lodctr /m:ファイル名.ini
 
4. 個々のカウンターの更新: 特定のカウンターのみを更新したい場合は、パラメーターを使用します。`/u:公演名`。「パフォーマンス名」をインジケーターの実際の名前に置き換えます。

lodctr /u:公演名

5. ログを確認します: の出力を確認します。`lodctr`考えられるエラーや警告について。これは、パフォーマンス監視の問題のトラブルシューティングに役立ちます。

lodctr

不適切な使用に注意してください`lodctr`パフォーマンス監視で問題が発生する可能性があるため、このコマンドは構成に関する知識と注意を持って使用する必要があります。また、パフォーマンス カウンターやカウンターを変更する前に、バックアップ コピーを作成したり、現在の状態を文書化したりすることもお勧めします。


Deutsch
English
Español
Français
Italiano
日本語 (Nihongo)
한국어 (Hangugeo)
汉语 (Hànyǔ)
Türkçe
Português
Português
Svenska
Norsk
Dansk
Suomi
Nederlands
Polski









Windows-10


... Windows 10 FAQ
... Windows 10 How To


Windows 10 How To


... Windows 11 How To
... Windows 10 FAQ



コマンド lodctr - 拡張可能カウンタのパフォーマンス モニタ カウンタ名と説明を更新します。

HTTP: ... console/ja/092.htm
0.124
26059

Windows 11 official rollout update starts in autumn!

Safely Remove Disk on Windows 11/10?

Windows 11/10: How can I change the font size in Explorer?

Find settings for finger input on Windows 10/11!

The quick preview in File Explorer on Windows 11 and 10!

Desktop icons and arrangements from Windows 7 to 10,11!



(0)