ColorConsole [Version 1.3.3000]
Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:\WINNT>HELP PRINT
テキスト ファイルを印刷します。

PRINT [/D:デバイス] [[ドライブ:][パス]ファイル名[...]]

  /D:デバイス   印刷デバイスを指定します。




C:\WINNT>HELP PROMPT
cmd.exe のコマンド プロンプトを変更します。

PROMPT [文字列]

 文字列    新しいコマンド プロンプトを指定します。

PROMPT には通常の文字と次に示す特殊コードを使用できます:

 $A   & (アンパサンド)
 $B   | (パイプ)
 $C   ( (左かっこ)
 $D   現在の日付
 $E   エスケープ コード (ASCII コードの 27)
 $F   ) (右かっこ)
 $G   > (不等号 (より大))
 $H   バックスペース (直前の文字を削除します)
 $L   < (不等号 (より小))
 $N   現在のドライブ
 $P   現在のドライブとパス
 $Q   = (等号)
 $S     (空白)
 $T   現在の時刻
 $V   Windows XP のバージョン番号
 $_   キャリッジ リターンとラインフィード
 $$   $ (ドル記号)

コマンド拡張機能を有効にすると、PROMPT コマンドは、次の追加の書式
文字をサポートするようになります:

 $+   PUSHD ディレクトリ スタックの深さに応じて、0 個以上のプラス
      記号 (+) を指定します。1 個のプラス記号が、プッシュされた
      1 レベルを表します。

 $M   現在のドライブ文字に関連付けられているリモート名を表示します。
      現在のドライブがネットワーク ド宴Cブでない場合は、空の文字列
      を表示します。



C:\WINNT>HELP PUSHD
POPD コマンドで使用するために現在のディレクトリを保存し、
指定したディレクトリに変更します。

PUSHD [パス | ..]

 パス        現在のディレクトリとして設定するディレクトリを指定します。

コマンド拡張機能を有効にすると、PUSHD コマンドは、通常のドライブ文字
とパスだけでなくネットワーク パスも受け付けるようになります。
ネットワーク パスを指定した場合は、PUSHD は指定されたネットワーク
リソースを指し示す一時的なドライブ文字を作成し、新しく定義されたドライブ
文字を使って現在のドライブとディレクトリを変更します。一時的なドライ
ブ文字は、Z: から前へ順に、最初に見つかった未使用のドライブ文字が
割り当てられます。




GOTO : HELP RD













Windows-10





Windows-10
HTTP: ... console/ja/048.htm

0.077

Keep the shift key pressed and edit the command!

 /

Windows Web Server 2008 direct download links (free trial versions)!

 /

Enable or disable the mouse pointer shadow in Windows 8.1!

 /

How to disable Auto Startup Programs in Windows 7?

 /

Has Quad-Directory Explorer a single tree that can be used for all panes?

 /

Clean Installation of the Windows 10, how to do?

 /

Change user password in Windows 10, via NET USER command, how to?

 /

Export favorites from Google Chrome, for example for a guest account?

 /