ColorConsole [Version 1.3.3000]
Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:\WINNT>HELP CALL
バッチ プログラムを別のバッチ プログラムから呼び出します。

CALL [ドライブ:][パス]ファイル名 [バッチパラメータ]

 バッチパラメータ   バッチ プログラムで必要なコマンド ライン情報を指定します。

コマンド拡張機能を有効にすると、CALL は次のように変更されます:

CALL コマンドは、CALL のターゲットとしてラベルを受け付けるようになります。
構文は、次のとおりです:

   CALL :ラベル 引数

指定された引数で新しいバッチ ファイル コンテキストが作成され、指定
されたラベルの次の文に制御が渡されます。バッチ スNリプト ファイルの
最後に 2 回到達することによって、2 回 "終了" する必要があります。
1 回目に最後に到達したときには、制御は CALL 文の次の行に返されます。
2 回目に、バッチ スクリプトが終了します。バッチ スクリプトから "戻る"
ための GOTO :EOF 拡張機能の説明については、GOTO /? と入力してください。

また、バッチ スクリプトの引数参照 (%0、%1 など) の展開は、次のように
変更されました:


   %* バッチ スクリプト内では、すべての引数 (%1、%2、%3、%4、
       %5 など) を参照します。

   バッチ パラメ[タ (%n) の置換は拡張されました。次のオプション構文
   を使うことができます:

       %~1         - すべての引用句 (") を削除して、
                     %1 を展開します。
       %~f1        - %1 を完全修飾パス名に展開します。
       %~d1        - %1 をドライブ文字だけに展開します。
       %~p1        - %1 をパスだけに展開します。
       %~n1        - %1 をファイル名だけに展開します。
       %~x1        - %1 をファイル拡張子だけに展開します。
       %~s1        - 展開されたパスは、短い名前セけを含みます。
       %~a1        - %1 をファイル属性に展開します。
       %~t1        - %1 をファイルの日付/時刻に展開します。
       %~z1        - %1 をファイルのサイズに展開します。
       %~$PATH:1   - PATH 環境変数に指定されているディレクトリを
                     検索し、最初に見つかった完全修飾名に %1 を
                     展開します。環境変数名が定義されていない場合、
                     または検索してもファイルが見つからなかった
                     場合は、この修飾子を指定すると空の文字列に
                     展開されます。

   修飾子を組み合わせて、複合結果を得ることもできます:

       %~dp1       - %1 をドライブ文字とパスだけに展開します。
       %~nx1       - %1 をファイル名と拡張子だけに展開します。
       %~dp$PATH:1 - PATH 環境変数に指定されているディレクトリを
                     検索して %1 を探し、最初に見つかったファイル
                     のドライブ文字とパスだけに展開します。
       %~ftza1     - %1 を DIR の出力行のように展開します。

   繧フ例の %1 と PATH は、ほかの有効な値で置き換えることができ
   ます。%~ 構文は有効な引数の数によって区切られます。%~ 修飾子
   は %* と同時には使用できません。



C:\WINNT>HELP CD
現在のディレクトリを変更したり、ディレクトリ名を変更したりします。

CHDIR [/D] [ドライブ:][パス]
CHDIR [..]
CD [/D] [ドライブ:][パス]
CD [..]

 ..   親ディレクトリに変更するときに指定します。

CD ドライブ: と入力すると指定されたドライブの現在のディレクトリが表示
されます。パラメータを指定しないで CD と入力すると、現在のドライブと
ディレクトリが表示されます。

現在のディレクトリだけでなく、現在のドライブも変更するには /D オプショ
ンを使用してください。

コマンド拡張機能を有効にすると、CHDIR は次のように変更されます:

現在のディレクトリの文字列に入力された大文字と小文字は、ディスク上の名前
と同じになるように変換されます。たとえば、ディスク上のディレクトリ名が
Temp である場合、CD C:\TEMP と入力すると、現在のディレクトリは C:\Temp
に設定されます。

CHDIR コマンドは空白を区切り文字として扱わなくなるため、空白文字を
含むサブディレクトリ名を引用符で囲まなくても、そのサブディレクトリ
に CD できるようになります。たとえば、

   cd \winnt\profiles\username\programs\start menu

は、次と同じです:

   cd "\winnt\profiles\username\programs\start menu"

拡張機能が無効である場合は、こちらを入力します。



C:\WINNT>HELP CHCP
現在のコード ページ番号を表示または設定します。

CHCP [nnn]

 nnn   コード ページ番号を指定します。

現在のコード ページ番号を表示するときは、パラメータを指定せずに CHCP と入力してください。




GOTO : HELP CHDIR





... Home  
... Impressum
... ColorConsole

... CMD
... Netsh-XP
... Netsh-7
... Netsh-Vista
... Powershell










Download the Windows 10 Starter, Home (Basic Premium), Professional und Ultimate!

... facebook.de
HTTP: ... console/ja/006.htm
0.046

Server 2008 Service Pack 2, wo finde ich den Windows Download?

 /

For Crashes in Windows 10, using System File Checker!

 /

How to open Control Panel in Windows-7 start  (find, run, start)?

 /

Wo ist der Autostart-Ordner in Windows 8.1, bzw. 8?

 /